相続相談は誰にする?

遺産相続は、誰もが一度は経験する法律問題といっても過言ではありません。これは、日常においてあまり考えない問題かもしれませんが、実際に家族や親せき同士の間で起こり得ることです。予期できることでありながら、遺産相続の問題にいざ直面すると、どのように処理すればよいか分からず、戸惑うことが多いでしょう。

揉める遺産相続は簡単に済むこともありますが、関わる人数や遺産の種類、量などによっては、手続きが大変複雑になることがあります。さらには、相続人同士の間で話し合いがスムーズに進まず、裁判などに発展するケースもあり、処理の難しさの度合いはさまざまです。

遺産相続の手続きが複雑であればあるほど、専門家の助けが必要になるでしょう。相続相談に関係する専門家には、司法書士、弁護士、税理士、行政書士などがあります。これらの専門家は、それぞれ扱える内容が異なります。また、それぞれに独自の強みを持っています。そのため、遺産相続手続きの内容によって、どの専門家に依頼するのが最善なのか選択も異なってくるでしょう

どのような処理はどの専門家に依頼すればよい、ということが分かっていれば、不必要にいろいろな専門家に依頼して、余計な費用がかさんでしまうことを避けられます。こちらのサイトでは、遺産相続に関して、それぞれの専門家ができることとできないことについてお話します。また、遺産相続を税理士に依頼するメリットについても考えましょう。