相談できる専門家

空遺産相続の手続きは細かな法律が関わっており、専門家の助けが必要なことがしばしばです。遺産相続に関わる専門家は、司法書士、弁護士、税理士、行政書士などがあります。ここでは、それぞれの専門家にできることについてお話します。

司法書士は、不動産の名義変更を行うことができます。相続登記は司法書士しか行うことができないので、遺産に不動産が含まれているなら、司法書士に依頼することになるでしょう。

弁護士は、調停や審判などで正式な代理人になれる専門家です。相続人が何人もいる場合などで相談がうまくいかず、トラブルになって裁判に発展するようなケースで依頼します。

税理士は、相続税の申告ができる専門家です。相続財産が3600万円を超えると、相続税の申告が必要になることがあります。このような場合に、税理士に依頼します。

行政書士は、遺言書の作成や遺産分割協議書の作成、相続人調査、車や株式の名義変更手続きなどを手伝ってくれる専門家です。ただし、これらは弁護士や司法書士にもお願いすることができ、行政書士にしかできないことというのはありません。

以上のように、専門家はそれぞれにできることとできないことがあり、得意分野が異なります。手続きに必要な専門家をみつけ、依頼しましょう。